先月18日より体調不良にて入院していたジャニー喜多川氏が、7月9日に亡くなったことが判明。

病名は解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血。87歳でした。

ジャニーズを一代で築いた天才の訃報に関係各所から悲しみの声があふれています。

 

ジャニー喜多川氏は体調回復する場面もあった

入院中もジャニーズたちが入れ代わり立ち代わり病室を訪問し、ジャニーさんが好きなものを食べて昔語りに花を咲かせたようです。

病室では常にジャニーズの曲が流されており、ジャニー喜多川氏が少しもさびしい思いをしないように徹底的に看病したこともあり、一時的に体調が回復する場面もあったようです。

逆に病状が危険な時もジャニーズたちが懸命に呼びかけることが難を逃れてきたということでした。

尚、最後の瞬間は滝沢秀明も同じ部屋にいたということです。

メンバーたちの心中もつらかったことと思いますが、このような同窓会的な雰囲気にしているということは、ジャニー喜多川氏がいつ亡くなってもおかしくないということの裏返しであり、みんな顔は笑っていても、心で泣いていたことでしょう。

 

ジャニー喜多川氏の通夜・告別式は?

公式の発表によると、ジャニー喜多川氏の通夜・告別式の日程は現在未定、葬儀についてはタレントたちとジュニアだけでおこなう家族葬を予定しているということです。

日程について改めて案内があるようです。

 

ジャニー喜多川プロフィール

  • 本名:ジョン・ヒロム・キタガワ (John Hiromu Kitagawa)
  • 漢字表記本名:喜多川擴(きたがわ・ひろむ)
  • 生年月日:1931年10月23日
  • 居住地:東京都(渋谷との説もあり)
  • 職業:実業家、芸能プロモーター、音楽プロデューサー

上記には記載しませんでしたが、ジャニー喜多川氏は学歴も優秀です。

ロサンゼルス・シティー・カレッジ (LACC)卒業
上智大学国際部(現・国際教養学部)卒業

上記の通りアメリカではLACCを卒業、そして、日本ではあの名門上智大学を卒業されています。

 

ジャニー喜多川氏の若い頃の写真は?意外とイケメンだった

一般的には謎に包まれたイメージのあるジャニー喜多川氏ですが、若い頃の写真を見てみると意外にもイケメンであることが判明!

まずは画像をご覧ください。

ジャニー喜多川 若い頃

ちょっと面影が無いようにも見えますが間違いなくジャニー喜多川氏の若かりし頃の写真です。

意外とダンディーですよね!

 

そして意外と言えば、ジャニー喜多川氏はギネス記録なんかも保持しています。

「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」
「最も多くのナンバーワン・シングルをプロデュースした人物」

 

 

The following two tabs change content below.
女子ラウンジ編集部の中村(美容ライター)です。 ”女子ラウンジ”は、ビューティーアドバイザーやビューティーカウンセラーなど美容のプロ集団から構成されるチームです。20代~50代の女性の”きれい”を応援する情報発信をしている、女性のための美容・コスメ・ダイエット・健康増進の総合情報メディア。日々女性の美を研究している専門家や美容部員が女性の抱える様々な悩みへのソリューション提供を心掛け運営していきますので、是非ご覧になっていってくださいね。

最新記事 by 女子ラウンジ編集部 中村 (全て見る)